仙台で埋没法を利用して二重まぶたの整形に挑戦してみた

休みが取れないから埋没法にした

能面のような仏頂面にうんざり休みが取れないから埋没法にしたまぶたが薄いからきれいに仕上がった

綺麗な二重幅が強調されてるのわかっちゃううう!
かわいいかわいい似合う😭😭😭

— みんさん (@07_minpyaaaa) 2019年4月15日
ところで主な情報収集はインターネットを中心に行なっていたので、気になるクリニックがあれば症例写真などを参照しながら、自分にあったクリニックや手術方法にはどのような選択肢があるのかを、自分なりに色々と勉強をしていたものです。
その結果二重まぶたにするには大別すつときる方法と切らない方法の二つがあるということが分かったわけです。
自分にはどれがふさわしいのかは、正直良く分かりませんでしたので、とりあえず気になったクリニックでカウンセリングを受けながら、手術法の選択などもアドバイスをもらえるように心がけていました。
そのうち雰囲気も交通アクセスも先生の人柄も、自分にあっていると思える美容整形外科クリニックを見つけることが出来たので、本格的にカウンセリングを受けて、どの手術法を選ぶべきなのかを、じっくり話を聞いてもらうことにして、分からないことや質問事項は遠慮なくぶつけてみることにしました。
結論的には埋没法を受けることを提案されることになったわけです。
しっかり二重にしたかったので、場合によったら切開法でもよかったと考えていました。
ところが埋没法がベターと判断したのは、まぶたの余計な脂肪などが少なくわざわざ切開法を選択するまでもないことと、仕事柄長期間の休暇をとることが難しいという事情が関係していたわけです。