仙台で埋没法を利用して二重まぶたの整形に挑戦してみた

能面のような仏頂面にうんざり

能面のような仏頂面にうんざり休みが取れないから埋没法にしたまぶたが薄いからきれいに仕上がった

子供の頃から二重まぶたは憧れていました。
それというのも私の場合鏡に映った姿はまさに能面をイメージさせるものでうすいまぶたに、変化に乏しい顔のほかのパーツとあいまって目つきが悪く見られたり、無表情で仏頂面に見られることも一度や二個ではありませんでした。
このような顔では異性からも受けが良いわけも無く、からかわれるほどではなかったものの少なからずコンプレックスを感じさせる原因となってきていました、学生の頃からもかなり早めの年齢からでもメイクの腕をあげて、何とか能面っぽい印象をごまかせるために自分なりの研究なども加えていたものです。
社会に陣になっても毎日の始まりは、時間をかけて行うメイクという生活は続くことになりました。
年齢を重ねれば一種の惰性にはなっているものの、次第に何とかメイクでごまかすわけではなく、もとの状態から改善してみたいとの思いが強くなっていきました。
幸い仙台に通勤先があるので、全国展開している美容クリニックのチェーン店は数多く目にすることができます。
東北地方でありながらも日本有数の大都市に住んでいるおかげで、知名度の高い美容整形クリニックは大体受診することができる環境だったのはよかったと考えています。